Lecturerセラピスト紹介

セラピスト紹介

Saori Matsudou

1998年より作業療法士として心療内科、老人保健施設、重度認知症デイケアの経験を経て、訪問リハビリテーションの仕事に携わる。その時に出会った難病や末期がんのターミナルケアが必要な患者様たちに、作業療法士として何をしてあげられるのか?と、自分の知識と技術の足りなさに悩みながらたどり着いたのが”寄り添えるケア”として活用できるアロマセラピーであった。
その後、発達障害の子ども達が通う児童デイサービスに関わるという機会を頂き、初めて地元に障害を抱える小さな子ども達のデイサービスが無い事、何より未就学の子ども達への専門的な訓練を受けさせたいと願う母親たちの想いを知り、2015年2月未就学の子ども達とご家族のサポートを実現するため、理学療法士の夫と共に、児童発達支援事業所を設立。
事業所に通う子ども達やご家族、そして日々子ども達の明るい未来を切り開こうと頑張ってくれる仲間たちに喜んで頂けるような支援とサービスを目指し、アロマコーディネーターの育成と、ベビーマッサージトレーナーの養成を願い、2021年より本格的にアロマセラピースクールを開講する。

Miwa Yoshimoto

大手証券会社勤務時代、ストレスを発散するために年に1度は必ず海外に行き、スパで癒しを得る中、ワーカーホリックに陥り、2006年アロマコーディネータライセンスを取得。
プロとして一流スパで通用するすべてを網羅する技術の習得を目指すべく、沖縄に移住し、国際資格認定機関CIBTAC(本部:イギリス)の解剖生理学、ボディトリートメント、スキントリートメント、スパトリートメントを取得。
その後、外資系ホテルスパコンシェルジュを経て旅館スパ、トレーニングジムサロン内サロン、ホテルスパにて技術の研鑽に励む中、リラクゼーションだけではない技術を求め、オーストラリアにて世界アドバンスセラピー認定機構WATECアロマリメディアルセラピーを学ぶ。
自身もワーカーホリックを経験している事から、企業内におけるトリートメントの必要性を常々考えていたところ、オレンジピアと出会い、スタッフと保護者のケアに努めている。

資格一覧

Saori Matsudou

1998年5月 作業療法士免許取得
2009年5月 (JAA)認定アロマコーディネーター
2010年5月 霊気臼井式療法協会認定レイキヒーラー
2010年8月 (JSCI)タクティールケアI認定資格
2010年11月 ウェルネス・アカデミーOkinawa認定エステティシャン
2014年12月 BabyMa Okinawa親子ベビーマッサージ指導者認定資格
2015年5月 BabyMa Okinawa親子ベビーヨガ指導者認定資格
2017年1月 日本アロマコーディネーターインストラクター
日本アロマコーディネーター協会認定加盟校登録(登録番号1845)
2019年9月 霊気臼井式療法協会認定マスターティーチャー
2019年9月 NGH米国催眠士協会公認認定ヒプノセラピスト
2019年11月 ABH米国催眠療法協会認定マスターヒプノティスト
全日本セラピスト協会認定マスターヒプノティスト

Miwa Yoshimoto

2006年2月 (JAA)認定アロマコーディネーター
2006年7月 CIBTAC解剖生理学、ボディトリートメント
2007年3月 CIBTACスキントリートメント、スパトリートメント
2012年7月 WATECアロマリメディアルセラピスト
2013年3月 WATECアロマリメディアルアドバンス、インストラクター