Blogブログ

乳幼児への使用が認められている精油part1 

オレンジピアへの訪問ありがとうございます(^O^)

今日は、乳幼児への使用が認められている精油Part1
ラベンダーの紹介です。



一度は耳にしたことがある精油ではないでしょうか。

最も用途の広い精油です。1本持っておくと役立ちます。

 

擦り傷や打撲を作ってしまった時、火傷した時、蚊に刺されてかゆい時、

頭痛の時には、こめかみに1滴すりこんだり、日常生活におけるトラブルを助けてくれます。

狭い範囲であれば、原液塗布できる唯一の精油です。(お子さんには原液では使用しないでください。)

いくつかの精油をブレンドする際も、様々な香りと相性が良いです。

気持ちを落ち着かせてくれるので、コットンに1滴たらしたものを枕カバーに挟んで眠ってみてください。
心地よい眠りにつけると思います。

 ※妊娠初期は使用を避けて下さい。

尚、前回のブログにも記載した通り、
オレンジピアが所属している協会、「日本アロマコーディネーター協会」では
乳幼児への精油の使用は、以下の見解を示しております。
乳幼児へ使用する際は、下記を守って、安全に楽しく使用してくださいね(#^.^#)

○乳児(生後0ヶ月~1歳)

 用いる精油は、ラベンダーとカモミール・ローマンだけにしましょう。

 原則としては、使用を避けた方がよいでしょう。

 使用する場合は、塗布(ボウルに精油を1滴垂らして)、又は室内の芳香の拡散のみにしましょう。

 

○幼児(1歳~7歳)

 用いる精油は、ティーツリー、ラベンダー、カモミール・ローマンだけにしましょう。

 使用方法は、塗布(ボウルに精油を1滴垂らして)、室内の芳香の拡散、トリートメント(1~3滴を15㏄の植物油に希釈)までとしましょう。

 

○子ども(8歳~14歳)と65歳以上の方

 大人と同じ方法で結構ですが、精油の濃度は半分にしましょう。